01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sat. 14:04:23 -edit

02

26

co: 0

tb: 0

■MONTURA-アウトドアウェアのフェラーリ 

といわれているそうです。

はじめて着た ANGEL NO WIND JACKET は「着ることで体が軽くなる」という
驚きの体験でした。
MONTURA(モンチュラ)はイタリアのロッククライミング用ウェアメーカーで
人間の体の動きを研究し尽くした立体裁断と卓越した素材選択で
動きを妨げず、さまざまな環境・温度帯で快適に活動できるウェアを作っています。

montura_NoWindJacket.gif


以前は取り扱い店が少なく、オーストリアから通信販売で購入したりしたこともありましたが、
今は原宿の直営店があり便利になりました。

私はサイクリングとフライフィッシングに使用しています。
いずれも防風・防水性能とフィット性が求められますが、抜群にマッチします。

>> MONTURA Store
スポンサーサイト

テーマ: 登山 - ジャンル: スポーツ

カテゴリ: いいひと・いいもの・いいこと

△page top

Sat. 13:33:39 -edit

02

26

co: 0

tb: 0

■脱出記(スラヴォミール・ラウィッツ著)-壮絶としかいえない逃避行 

副題「シベリアからインドまで歩いた男たち」でそのすごさが言い尽くされている。

1941年、ソ連捕虜になったポーランド将校らがレナ川中流ヤクーツク近くの収容所
(緯度にして稚内からさらに1000キロも北)から、ゴビ砂漠、チベット、ヒマラヤを
越えて、ブータン・ネパールまで徒歩で1年かけて逃亡した記録。

本当かどうかはわからないが、途中盗みや強奪を一切せず、乞食行者の集団のようになって
人目を避けひたすら南を目指す旅は、玄奘三蔵法師よりよっぽど苦しかったに違いない。

  ↓こんな山、食料・装備なしで到底越えられません。
脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち (ヴィレッジブックス)脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち (ヴィレッジブックス)
(2007/11)
スラヴォミール ラウイッツ

商品詳細を見る


テーマ: 読んだ本 - ジャンル: 本・雑誌

カテゴリ: 本・マンガ

△page top

Sat. 13:28:18 -edit

02

26

co: 0

tb: 0

■日本奥地紀行(イザベラ・バード著)-明治初期を旅した英国女性 

東北ではどこへいっても村中の人から好奇の目で覗かれてプライバシーゼロ、
食べられるものがなくキュウリで飢えをしのいだり、
街道を少しでも外れるとえんえんぬかるみと虫の襲来。

健康回復のため旅行を勧めらたからといって、
よりによってなにもわざわざという困苦の旅。

北海道に渡り、アイヌの人が旅人をごく自然に受け入れる態度に感激、
苫小牧から札幌までの馬の旅の爽やかさが素晴らしかったご様子。
報われてよかったですね、イザベラさん

   ↓蓑と笠のイザベラさん
日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)
(2000/02)
イザベラ バード

商品詳細を見る

テーマ: 読んだ本。 - ジャンル: 本・雑誌

カテゴリ: 本・マンガ

△page top

Sat. 13:16:01 -edit

02

26

co: 0

tb: 0

■カシュガール滞在記(マカートニ夫人著)-中央アジアの英国家族 

19世紀末から20世紀にかけて中央アジアで南下をもくろむロシアと
それを阻止しようとする英国がくりひろげた外交戦略を
グレートゲームというそうです。

当時の在カシュガール英国領事の奥さんが書いた生活の記録。
赴任するにも帰国するにもいくつもの尾根を越える大旅行。子どもたちもたくましい。
怪しい宣教師くずれや学術隊が出入りしたり、100年前のシルクロードも忙しかった。

カシュガール滞在記―別世界との出会い〈3〉 (別世界との出会い (3))カシュガール滞在記―別世界との出会い〈3〉 (別世界との出会い (3))
(2007/11)
マカートニ夫人

商品詳細を見る


テーマ: 本の紹介 - ジャンル: 本・雑誌

カテゴリ: 本・マンガ

△page top

Sat. 12:00:18 -edit

02

26

co: 0

tb: 0

■熱帯の旅人(コリン・マックフィー著)-1930年代のバリ島 

著者はカナダ人の作曲家。1930年代バリ島に住んで、ガムラン楽団を編成し踊り手を育てる。
濃密なバリの闇や森、そこに暮らす人々の様子が音楽とともに聞こえてくるような素晴らしい本。

テーマ: 読んだ本。 - ジャンル: 本・雑誌

カテゴリ: 本・マンガ

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。