07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sun. 14:08:38 -edit

08

28

co: 0

tb: --

110827_しくしく 

先週もでかけたのですが、ずぶ濡れで撤収。語る言葉もなく…
さて、リベンジだ!と師匠と国道5号をつっぱしる。

110827_shikaribetsu_01
実はずぶ濡れでもタダでは帰らない。普段行かない支流を覗いてから帰途についたのでした。
ここがそれ。Y川支流S川。
ミズゴケがまったくつかない明るい川床、ひょっとして上流に鉱山でも?と思いつつ、フライを落とすと反応あり!
しかし、この時期、「積木くずし」の高部知子なみにスレているヤマメさんはフライをけりまくるのでした。
写真のようなスポットもドライでは無理め。
それでも師匠はそこそこの型をゲット。

110827_konbu_01
そして、マズメ狙いで午後遅く訪れたK川。
水量良し。光と影が濃く、ヤンマが乱舞する夏の終わり。
天国のような光景、フライを空中でヤンマがキャッチ。

こちら、S川とはうって変わって川床が滑る。
移動がままならないので少し上流に入りなおすとだいぶよい。
陽も傾き、ぱらぱらアタるが小さい…大き目のも時折影を見せるがアワセに至らず。
なおもロッドを振るが、だんだん集中力と確信がなくなり、
ポイントの探りやフライのケアが雑になってくる。
2尾収めてボウズは免れたものの厳しい釣果。エサ釣りの封印を解きたくなります。

帰り道のラジオ中継、日ハムが4-3で逃げ切り、西武に勝利、連敗脱出。

◆◇◆

暑い午後でした。翌日はぐったり。

自分に何度でも言い聞かせないとすぐ浮つく。
「遠出でマズメを狙うな。早起きして午前で勝負だ」
「依怙地になるな。そのとき釣れる釣りが正しいのだ」


スポンサーサイト

カテゴリ: 釣行記

△page top

Mon. 13:15:20 -edit

08

01

co: 0

tb: --

110728-29_ヤマメが先か家族が先か 

110728
ニセコのペンションに家族で泊りに行きました。
朝夕のマズメに抜け出してK川に通う2日間でした。

もうすっかり夏の川で水量も少なめ、とはいえ、K川はまだまたポイントがあります。
ヤマメは警戒心が強くなっており、チャンスは少なく、ときどき大きなものがでてもバラしまくり。
釣れなくてもいいんです、姿を見せてもらえれば。少し遊んでもらえれば。

ペンションのオーナーはフライ歴20年。もっぱらブラウントラウトの大物狙いだそうです。
水量の少なくなるこの時期は、大きなヤマメは本流の深みにおり、秋に産卵時期にサクラマスと
一緒にK川に戻ってくるそうで、30cmクラスがぞろぞろ遡上するタイミングに出会えると
面白い、といい話を聞きました。

京極から倶知安近郊まで尻別川を下るラフティングをしました。
ここいらの本流は水量があり深いです。
川原が少なく、川通しに釣行できるような状況にはありませんが、
確かにでかいのが潜むとしたらこういうところなのだろうな。
とはいえ、昼間は複数の会社のラフティングボードが川を騒がせているので
狙えるのは朝夕のほんの一時だけかもしれません。

帰りは赤井川に抜け、ドロームのフィッシングエリアで息子がフライ初体験。
管理人に聞くと、この時期、ルアーにはあまり興味を示さない、フライでもウェットのほうが
よいとのこと。確かに魚は水面を見ておらず、ドライには見向きもしない。

付け替えたばかりのウェットフライを投げる前に一度水面に落としたところで、でかいのが食いつき
そのまま、ぶっちぎられて持っていかれたのにはぽかーん。

ウェットフライをつけたロッドを息子に渡すと、初めてなのに結構器用に振っている。たいしたものだ。
しかし、フライはちょっと無駄な動作をするとすぐにラインが絡む。
さすがに難しいとルアーに持ち替え、30cmクラスの虹鱒をゲットしていた。
110729

そろそろ、渇水。季節は変わっていくよ。

カテゴリ: 釣行記

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。