11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sat. 14:03:08 -edit

12

24

co: 0

tb: --

ごっこの干物 


【北海道の伝統食】

■ごっこの干物

ごっこ(ホテイウオ)は泳ぎが苦手で、海が荒れたあとの海岸に打ち上げられているの「拾う」もので、以前は流通に乗るような魚ではなかったらしいが、アンコウやカジカのように鍋物用としてスーパーに並ぶようになってきた。

干物がうまいと聞き、やってみた。

gokko01.jpg
1.巨大なオタマジャクシ。

gokko02.jpg
2.こんにゃく球を捌いているような感じ。肝が多い。

gokko03.jpg
3.ベランダで二日凍り干しした。

gokko04.jpg
4.干物にすることで水っぽさがなくなり、炙るとこうばしく、ぶりぶりむにゃむにゃした食感。
スポンサーサイト

カテゴリ: 北海道の伝統食

△page top

Mon. 13:58:44 -edit

12

19

co: 0

tb: --

111218#01 

DSC_0182[1]

【北海道の伝統食】

■カスベのぬた

1.カスベは水カスベではなく真カスベの肉厚なものを選ぶ。
2.一口大の賽に切り分け、平ざるの上で強めに手塩を振り、
  30分ほどおいてから、塩を洗い流し、自然に水気が切れるまでざるに置く。
3.2時間ほど酢に漬け、再度ざるに上げ、自然に水気が切れるまで置く。
4.甘い白味噌、酢、和カラシ(粉カラシだと楽に混ざります)をすり鉢であたる。
3.3と4を合わせ、みじん切りのネギを加え、和えてできあがり。

冷蔵庫で冷やしてからいただく。

*本来はもっと塩辛い味噌を使うのでしょうが、
 レシピでは白味噌にしました。われながらヤワです。
*カスベは寒くなる11月くらいからがおいしいです。

カテゴリ: 北海道の伝統食

△page top

Sat. 11:54:15 -edit

12

17

co: 0

tb: --

111208_【番外】モスマン渓谷 


今回は「釣り」なしの観察だけです。

IMGP0458[1]
オーストラリア、ケアンズから向かったモスマン渓谷。
熱帯雨林を流れる川で、水の色は見たことのない薄い緑。

水温は気持ちの良い冷たさ(23,4℃?)ですが、
近隣ビーチの海水温は30℃近くあるため、現地の人には「凍える冷たさ」だそうです。

IMGP0454[1]
自然公園なので釣りはできません。
その分、魚はすれていなくて、触れそうなところを悠々と泳いでいきます。
もちろん、サケ・マス科ではなく、小型のタイみたいな熱帯魚。


恒例の水中動画。
邪魔なものが映り込みました。

このあと、防水デジカメに浸水発生。
神さま、これは事故です!


カテゴリ: 釣行記

△page top

Sat. 21:26:00 -edit

12

03

co: 0

tb: --

111203#01 

DSC_0157[1]

【北海道の伝統食】

カジカのともあえ

1.ぶつ切りのカジカをゆがいて骨を外し、一口大に身をちぎる。
  アラや皮もなるべく残すとむにゅむにゅ感が増します。
2.一緒にゆがいた肝を味噌(ウチでは甘い白味噌と麦味噌を1:1)、
  酒、砂糖、和カラシ(粉カラシだと楽に混ざります)をすり鉢であたる。
3.1と2を合わせ、さらにみじん切りのネギを加え、和えてできあがり。

できたてもうまいし、冷蔵庫でねかしてもうまい。

カテゴリ: 北海道の伝統食

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。