05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Mon. 17:55:53 -edit

06

25

co: 0

tb: --

120624_もがけ!ショッカー 

ふおん、ふおん。

ショッカー首領(納谷悟朗さんの声)
「戦闘員Aよ。他の組織との交流も大事だ。北広島の某所で行われる秘密集会に参加せよ。ショッカーバイクで行くのだ。例によって、仮面ライダーに悟られぬよう、秘密の迂回経路を使うのだ。」

ショッカー藻岩分室・戦闘員A
「イー!」
DSC_0338[1]

今回の秘密迂回路は、ショッカー藻岩分室から北広島までエルフィンロードはおろか羊が丘通りも使わず、一旦、アジトから南下して支笏湖畔に出て千歳を経由して36号線を逆に辿る98kmである。

支笏湖手前のオコタンペ湖への分岐まで34km…全般に上りだが元気で頑張れる。
34-40km…時速60kmでる下り。帰路にここを選ぶと「もがきの壁」
40-47km…支笏湖湖畔沿い。眺めはいいが疲れてくる。温泉街で大休止。
50-73km…緩い下りなので高速巡航。深い森の中の素晴らしい道だが長くて飽きる。千歳川に飛び込みたくなる。
73-83km…千歳恵庭間36号線。ひたすら平地。常時車と併走。
83-95km…恵庭北広島市街間45号線。緩いアップダウン。謎の外国老人に追尾される。
95-98km…1080号線。秘密集会場所への最後の上りに思わず笑えてくる。
ここまで、4時間6分でありました。イー!

秘密集会参加後、他の組織の皆さんとお泊りして、翌日23km58分でアジトに帰還。
作戦前日にショッカー少年隊員と30km、脚をまわしておいたのと、急遽、夏仕様戦闘服にしたのが奏功したと思われる。

次はオコタンペ湖分岐の往復か、別の峠(朝里峠あたり)に転戦するか。「もがきの壁」は実力的にムリです。

120624_gpslogger.jpg
スポンサーサイト

カテゴリ: 乗輪記

△page top

Wed. 20:31:23 -edit

06

20

co: 0

tb: --

120616_僕じゃダメなんだね 

尻別川水系K川。水量少し、釣り人多し。
P1000028[1]
新子アタックあり、フッキングなし。しくしくしく、僕じゃダメなんだね。

あとは師匠の華麗なるキャスティングをお楽しみください。


ウェットで深みも狙います。


深みではざくざく泳いでいます。

カテゴリ: 釣行記

△page top

Sun. 14:32:59 -edit

06

10

co: 0

tb: --

120609_悲しみの泪 

今年は川の季節が早いようで、例年ならもう1週間待つところをいそいそとでかけました。
毎年苦楽をともにする師匠との今シーズン初の釣行です。

P1000013[1]
余市川支流、もともと水量の多い川だが、すでに渡渉しやすいお手ごろ水量でグッドコンディション、に見えたが不発。
こつんこつん来るはずの新子アタックも一切なし。おかしい。
出端をくじかれた師匠が大岩の脇を歩く。

P1000019[1]
では水系を変えたらどうだ!と、倶知安に抜けたこちら。
わずかに新子アタックあり。
フライを咥えきれない5cmに満たないのが上げたロッドについてきたので丁重にお帰り願う。
どうなっているのだ?

川に体力と集中力のすべてを捧げる渓流アスリートの師匠は、この川から上がるときにロッドを置き忘れ、後ほど戻って無事回収。
かつて師匠はこの川でわが子のようなフライ100本以上を収めたフライケースを失くしており、これでロッドも失くしていたら、この川には二度とこれなかったでしょう。
川の神様、感謝いたします。もちろん金のロッドと銀のロッドは要りませんので。

P1000020[1]
余市川水系に戻り、線路脇から入渓する、木々の陰の濃い川。
やはり水量少なく、川底丸見えでポイントがすくない。
師匠、フライでバラす。業を煮やした私はフライと餌の2本持ちで、やっと餌に1尾かかってくれる。


今回から防水カメラを新調しました。色調が自然で、動画がHDで撮れます。お目当ては映っていないと思います、たぶん。

P1000024[1]
世界からヤマメは消えてしまったのでしょうか。泪に曇った目には本流の風景もぼやけます、ってレンズ結露してるよ。

たぶん、少なくとも今シーズンは、ヤマメが少ないです。
原因は昨年にあるのか一昨年にあるのか。
秋の大雨か、冬の少雪か、放流事業が少なくなったのか、海流・海水温か、もしやアレなのか?
今年いや数年は覚悟と忍耐と探索が続くことになりそうです。
と早くも分かったような口ぶりですが、単なる間違い、勘違い、ウデのせいでしたわっはっは、と歓喜の泪をながしたいのです。

カテゴリ: 釣行記

△page top

Sun. 12:23:23 -edit

06

03

co: 0

tb: --

120602_鵡川水系 

高速道路を使って日高方面へ。こっちに行くのは実に十数年ぶり。


こっちの川は水量が少ない。降雪が少ないのと雪解けが早いのの両方でしょうか。
もう夏の川みたいになってて、ナイスバディのお嬢さんたちが群れていてもスカされます。
動画で群れている見えますか?後半の左上部にいるのですが…■正解は一番下にあります。

IMGP0037[1]
それでも遊んでくれるコもいます。ありがたや、ありがたや。

IMGP0046[1]
こっちや、

IMGP0042[1]
こっちはニジーの皆さんがおいでです。
ポイントしか見ていないことが写真からもわかります。人間ポイント探知機と化しています。


これは誰ちゃん? やけに赤いなあと思いながら撮りましたが、ヒゲ生えてます。

静止画 Special Thanx 4 "MENTAL 80%"

カテゴリ: 釣行記

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。