06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Tue. 17:17:29 -edit

07

31

co: 0

tb: --

120728_夏の日のトホホ 

120728、師匠とニセコ方面へ。

しばらく雨も降らず、札幌市内は30℃越えの予報、まったくもって夏の川です。
今年は早くから渇水厳しく、ヤマメ嬢にお目にかかったのはほんの数えるほど。
それでも会いたいよね?会いたいよね?と師匠とテレパシーで会話して
ともかく可能性のあるところへ。

P1000095[1]
で、まず師匠のポイント。ボサあり。

P1000097[1]
深みあり。水量まずまず。じゃがでない。


水中動画で深みを偵察するとちらっと魚影が映るがいかにも警戒心強い。

P1000099[1]
で戦闘員Aのポイントへ。上流域で浅いが2週間前には3目釣りの実績あり。

P1000098[1]
んー、フライが蹴られるー!

P1000100[1]
更に場所を変え、畑の脇の鬱蒼とした林の中の流れへ。
あちこちに古い護岸ブロックがあるが、下が洗掘され魚の隠れ場所に。
師匠は上流、戦闘員Aは下流へ。
師匠がアタリでニジーを3尾ヒットさせ、師匠ホクホク。
農家の方に「自動車邪魔!」と怒られ、あたふたと車を移動。
そのとき、サングラスを落としレンズに傷。悪い行いにはバチがあたる(;_;)しくしく

P1000101[1]
普段ならやらない国道そばの川。
地図を見ていつもより上に入ってみると、なにこれ。
それでも落ち込みを狙うが音沙汰なし。

P1000102[1]
で、いつものところから入り直す。
上流よりも下のほうが渓流らしい川。
いつもややにごりで水量が多いが今日も多い。

P1000103[1]
で、でたー!ボ回避、ありがたや、ありがたや。
しかしその後、集中力がなくなり木の枝を釣りまくる。
挙句にフライを回収しようとしてロッドの穂先がポキッ。

P1000104[1]
戦闘員Aの墓に供える花、なむなむ。
釣りが罪深いのではない、戦闘員Aが罪深いのだ。orz
スポンサーサイト

カテゴリ: 釣行記

△page top

Mon. 15:29:56 -edit

07

23

co: 0

tb: --

120721_渇水で背水 

戦闘員A「首領!じゃなかった、師匠!今週は武者修行に参りますので許可願います。」
師匠「うむ、戦果の知らせを待っておるぞ。」

ということで、今週はTOKI氏と同行し、行ったことのない流域へ。

P1000083[1]
そして、朝陽の差す川。
TOKI氏、竿の入ったいつものリュックを忘れ、私の予備のフライロッドにブドウムシの仕掛けでポイントを探る。(忘れ物は師匠の専売特許ではなかった。)

P1000085[1]
この地域は古い砂岩・泥岩の堆積地層が多く、崖には断層が見え、粒径の細かい土砂の崩落・流出があちこちにみられる。


カエルで乾杯するヘビ。ちょっと怖い。

P1000086[1]
川原が広く水深が浅い。ところどころにある、白波の立つ落ち込みやボサの深みをドライで探るが出ない。もぐっちゃってて、上を向いている魚が少ないのかなあ。
TOKI氏は、Qの一個師団、ホウライ、ニジー、イワナなど上げている模様。
今年はあまりにフライで苦戦するのでボ回避の保険に餌釣りへもスイッチもするという節操のないことを繰り返していましたが、今日はドライメインのフライ一本槍(竿か?)で背水の陣であります。
それにしてもかからん、と思っていると、

P1000087[1]
滝壺というより、水の落下点のわずかな溜まりで唐突に尺虹さんがおでましです。あー、よかった。

P1000088[1]
安心したところで一旦、町に出てTOKI氏が竿を購入し、別の川へ。
入渓地点の最初のポイントでアタリがあったので「これは!」と進んだが、それっきりでえすかあー(ToT)

P1000090[1]
では、本流はどうだ?しーん。

P1000092[1]
んじゃ、流域を変えようと、峠の長いトンネルを抜けるとそこはなにやら鬱蒼と秘密めいた川。
しかし、先行者多く、抜かれたあとっぽい。

P1000091[1]
それでも、尺足らずのイワナが来てくれました。

最後は私がいろいろ忘れて、TOKIさんの「貸し」に。
TOKIさん、ありがとうー! ショッカーに誓って、次回必ず返します!イー!!
(と日記に書いておけば忘れないだろう。)

カテゴリ: 釣行記

△page top

Tue. 12:09:19 -edit

07

17

co: 0

tb: --

120715-16_キャンプにて 

ニセコでキャンプ。

キャンプ場そばの川で息子と。
P1000059[1]

「お父さん、どんどん行き過ぎ!」とばかりに息子は戻った。
んで、更にどんどんどんどん行った。水量ある。ポイントは少ないが要所で出る。
P1000061[1]

釣果!といいづらい、ブドウムシに食指が動いたみなさん。
左から女、ニジ、岩、ニジ。ヤマメが一番大きい(嬉泣)
P1000066[1]

翌朝、女子供の寝ている間に一仕事。
こちらの川はニジーオンリー、ここでもブドウムシがお口に合うようで。
歩くほどに良い型のがでます。
P1000077[1]

3尾持ち帰って翌朝フライでいただきました。師匠のヤマメも一緒です。
P1000081[1]

カテゴリ: 釣行記

△page top

Tue. 11:54:27 -edit

07

17

co: 0

tb: --

120714_そろそろ悟る? 

師匠とY川と支流のS川へ。

Y川の橋下。しーん。
P1000053[1]

S川上流。しーん。
P1000056[1]

さらにS川の支流の沢。水なし。
P1000058[1]

結局、いつものあたりでアタリもぽつりぽつり。
この時期でビシュー、バシューってならないでいつなるんですか!
もう今年はおとといおいでってことですか!!
あまりに無慈悲です、フライの神様。

指サイズがフックするもリリースして帰途につく。
師匠も1尾。

カテゴリ: 釣行記

△page top

Tue. 11:45:40 -edit

07

17

co: 0

tb: --

120701_もう何をかいわんや 

師匠と、P川、T川へ。P川はフライに対してまるでアタリなし。
T川は鬱蒼とした森の中を流れるボサの多い小さな川。
すでに警戒心が強くなった魚に悟られることなく、ここぞというポイントに遠くからワンキャスティングでふりこめるかどうかが釣果を分ける。こういう厳しい状況でフライ歴20年の師匠との差がでます。

やっとフッキングしてくれた可愛い子。
P1000041[1]

カテゴリ: 釣行記

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。