04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Mon. 11:36:10 -edit

09

12

co: 0

tb: --

110911_乱交現場を目撃! 

「増水してるよね」「週末は見合わせましょう」と師匠とメール連絡したにもかかわらず、

師匠!すいません!!m(_ _)m
どうしても行きたくなって行ってしまいましたっ。
そして、えさ釣りの封印も破ってしまいまいたっ。

IMGP0321[1]
ひとりS川に立ちこむと、確かに水量は多く、一気に雨水が流れおちたためか水温が低い。
上流に進むのに一苦労。水垢が洗い流され、川床の石はクキクキしており、足場はよい。
そして、濁りはない(ニヤリ)。

このところ、フライの釣果には、しくしくすることが多く、まずは心の豊かさを得るために、イタドリ虫でえいっ!
水量・水温のせいか、新子はあまり出ず、地味ながらも要所要所でよい型を得た。

IMGP0325[1]
そして、捜査員は怪しい支流を発見。狭い沢を上っていくと、そこでは、
サクラマス(♀ 体長40-50cm、住所不定)と、ヤマメ(♂ 体長20cm、S川在住)が乱交パーティならぬ、産卵を行うために集っていた!
下流から近づいた捜査員の気配に、蜘蛛の子を散らすように逃げ去った。
こんな狭い流れのどこに隠れられるのかフシギ。
で、カメラを出しそこなった捜査員は、乱交未遂の現場を撮影(上の写真)したにとどまったのであった。

IMGP0332[1]
夕飯はひさびさにヤマメ寿司です。サビの入ったガングロ君は乱交に参加し損ねました。ゴメンね。
関連記事

カテゴリ: 釣行記

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。