08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Wed. 12:00:30 -edit

03

21

co: 0

tb: --

裏山・行記8_星一号作戦、第一段階達成! 

裏山・藻岩山は「もういいわ!」というまで究められるか?!の8回目!!

DSC_0282[1]
*上掲画像クリックで拡大
星一号作戦とは、藻岩山の5つの登山口、旭山公園、慈啓会、市民スキー場、北の沢、小林峠を結ぶ登山道総延長12.2kmのすべてを往復(登山用語でピストンという、当然行動距離は2倍)踏破することをめざすものである。

今までに装備の吟味を兼ねた部分踏査を重ね、今日は最後に残った登山口、市民スキー場口を慈啓会口から往復した。藻岩山頂から一旦下り、再度登り返す、というところが醍醐味である。

DSC_0281[1]
山頂から700mで市民スキー場の上にでる。コースを避けて左の樹林帯の尾根を伝って右奥のスキー場入り口まで下って戻ってくる。登り返しの途中でアイゼンをつなぐ金具が両足とも脱落紛失しアイゼンが使用不能になったが何とか再登頂。まったくグリップの利かないビブラムソールの恐怖に泣きながらも無事下山したのであった。

120320_moiwa_star_1.jpg
*上掲画像クリックで拡大
GPSロガーで記録した3月3、4、20日の路程を重ねると美しい五芒星型が浮かび上がる、これが星一号作戦と称する所以である。

しかし、これはまだすべてのルートに足跡を残しただけで第一段階にすぎない。一日で、すべての登山口を、ピストン往復し、24.4kmを歩ききる、のが星一号作戦の真の目標であり、これを夏冬両方で完遂したときに星一号作戦は達成され、達成者は「ピストンもいわ」または「モイワおんじ」の称号を名乗ることが許されるのである。

真・星一号作戦(Operation: Star a Day)が幕を開ける。これからの時期、自転車も渓流釣りも待っているというのに…




関連記事

カテゴリ: 裏山・行記

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。