05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Sun. 19:36:19 -edit

05

13

co: 0

tb: --

裏山・行記11_もいわ山はああいいわ 

裏山・藻岩山は「もういいわ!」というまで究められるか?!の11回目!!

雪が融けたあと初の登山です。
今回、特別字幕の【R18版】も作りました。リンクは一番下です。

DSC_0309[1]
いつものT6分岐。尾根風はびゅーびゅー言ってますが頭の上です。

DSC_0310[1]
T6分岐から小林峠方面。冬季の「進んでも大丈夫だろうか」感はありません。

DSC_0311[1]
突然現れるトレイルランニングの人にときどきぎょっとするものの、特に問題なく小林峠着。旧コバランド向こうに百松沢山。冬山では吹き晒しの稜線伝いに小ピークの急登急降をするが、夏場の登山道は南斜面をトラバース。楽だけど眺望に乏しい。

DSC_0312[1]
それでも、梢の合間に逆アングルの藻岩山頂がちらほら。

DSC_0313[1]
停滞しても凍えないので花を撮る余裕。

DSC_0314[1]
この辺でも山頂が見える。

DSC_0315[1]
小林峠からT6分岐にだいぶ戻ってきた。

DSC_0317[1]
馬の背付近の登山道と山頂。

DSC_0318[1]
山頂から札幌の街。ピンボケでした。
慈啓会>T6>小林峠>山頂>慈啓会で12km、3h30m。
我が家の庭木の芽吹き具合は藻岩の稜線あたりと同じであることが判明。吹き降ろす風が強いからなあ。

んで、【R18版】


関連記事

カテゴリ: 裏山・行記

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。