09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

土魚の一点もの - Landfish's beloved -

よいひと・よいもの・よいこと

--. --:--:-- -edit

--

--

co: --

tb: --

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

△page top

Tue. 17:17:29 -edit

07

31

co: 0

tb: --

120728_夏の日のトホホ 

120728、師匠とニセコ方面へ。

しばらく雨も降らず、札幌市内は30℃越えの予報、まったくもって夏の川です。
今年は早くから渇水厳しく、ヤマメ嬢にお目にかかったのはほんの数えるほど。
それでも会いたいよね?会いたいよね?と師匠とテレパシーで会話して
ともかく可能性のあるところへ。

P1000095[1]
で、まず師匠のポイント。ボサあり。

P1000097[1]
深みあり。水量まずまず。じゃがでない。


水中動画で深みを偵察するとちらっと魚影が映るがいかにも警戒心強い。

P1000099[1]
で戦闘員Aのポイントへ。上流域で浅いが2週間前には3目釣りの実績あり。

P1000098[1]
んー、フライが蹴られるー!

P1000100[1]
更に場所を変え、畑の脇の鬱蒼とした林の中の流れへ。
あちこちに古い護岸ブロックがあるが、下が洗掘され魚の隠れ場所に。
師匠は上流、戦闘員Aは下流へ。
師匠がアタリでニジーを3尾ヒットさせ、師匠ホクホク。
農家の方に「自動車邪魔!」と怒られ、あたふたと車を移動。
そのとき、サングラスを落としレンズに傷。悪い行いにはバチがあたる(;_;)しくしく

P1000101[1]
普段ならやらない国道そばの川。
地図を見ていつもより上に入ってみると、なにこれ。
それでも落ち込みを狙うが音沙汰なし。

P1000102[1]
で、いつものところから入り直す。
上流よりも下のほうが渓流らしい川。
いつもややにごりで水量が多いが今日も多い。

P1000103[1]
で、でたー!ボ回避、ありがたや、ありがたや。
しかしその後、集中力がなくなり木の枝を釣りまくる。
挙句にフライを回収しようとしてロッドの穂先がポキッ。

P1000104[1]
戦闘員Aの墓に供える花、なむなむ。
釣りが罪深いのではない、戦闘員Aが罪深いのだ。orz
関連記事

カテゴリ: 釣行記

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。